中部管協とは

活動の目的

  中部マンション管理組合協議会(略称:中部管協)は、昭和57年に、管理組合の自主・自立に向けて、相談業務や情報の提供を中心とした事業を実施することを目的に任意団体として設立され、平成13年には、愛知県より特定非営利活動法人として認証されました。
 広く中部地方に所在する分譲マンションの管理組合、団体、居住者をはじめとする市民に対して、マンションの適正かつ合理的な管理運営、及び建物、施設の維持管理などのための、助言、相談、支援、並びに資料収集、資料提供、情報交換に関する事業を行い、マンションを中心とする健全なコミュニティの形成と住環境の維持保全を図り、もって地域のまちづくりの推進に寄与することを目的としています。

中部管協 関係図

※NPO法人全国マンション管理組合連合会
 全国マンション管理組合連合会(全管連)は、全国各地の管理組合団体を会員とする組織で、現在北は北海道から南は沖縄まで、19の団体で構成されています。
 
※一般社団法人マンション維持管理機構
 一般社団法人マンション維持管理機構は、当協議会より「建物の維持管理について専門的なアドバイスを受けたい」との要請を受け、建築家の有志によって1984年に創設されました。
 住民主体のマンション維持管理を大切に考え、住民の立場に立った適正な設計・管理を推進する建築家集団です。
 
※マンション管理推進協議会
 マンション管理推進協議会は、愛知県、名古屋市等公共団体、マンションに関する団体、専門家の団体が連携して、管理組合、区分所有者、居住者等に対しマンションの管理に関する情報及び資料の提供等を行い、マンションの適正な管理を支援することを目的とした団体です。